美肌

ニキビの原因は生活による影響

ニキビの原因

ニキビとは異常性ざ瘡と呼ばれる皮膚の病気になります。
発症が始まるのは大体13歳から頃と言われており、18歳になるまでが多くなっています。
成人以降の発症もあり、一般的に大人ふきでものとも呼ばれております。
そこで、どうして発症する人としない人がいるのでしょう?
一つ覚えてほしいことがあるのですが、異常性ざ瘡はれっきとした病気であるという事です。
一度できたらなかなか治りにくく、大人になっても痕が残ってしまい苦労してる方も多いのですが、なぜできてしまうのかと言いますと、皮膚の毛穴が何らかの原因で詰まってしまう事です。
皮脂自体は保湿効果などから必要不可欠なものなのですが、過剰に分泌することにより、毛穴に詰まってしまいます。
男性ホルモンの影響などから、皮脂の分泌が過剰に増殖すると言われています。
大人になってストレスや、不規則な生活習慣、食生活なども影響されます。
肌のターンオーバーの乱れな度を引き起こす原因となります。
他にも洗顔、生活環境など外的要因なども関係しています。
出来てしまったニキビは段階によって症状が異なり、最終段階まで来ると治りづらくなってしまいます。
まず最初の段階では白ニキビと呼ばれるものになります。
皮膚にぷつってなっているものができ、コメドとよばれるものが詰まってる状態です。
この段階ではつぶしてしまっても修正可能です。
そしてそのまま放置してしまいますと、次に黒ニキビに発展します。
皮脂がたまってどんどん増殖してしまい、毛穴を広げてしまうとたまっていたものが毛穴の外に出てしまいます。
そして、酸化し黒くなります。
この症状を黒ニキビと呼びます。
次にアクネ菌と呼ばれるものが毛穴の詰まっている皮脂が大好物です。
そして繁殖してしまい、炎症を起こします。
その状態を赤ニキビと呼びます。
赤ニキビの状態まで発展してしまうと、症状はよくなっても。痕に残ってしまう可能性が大です。
白ニキビ、黒ニキビは通常のスキンケアなどでも対処できますが、赤ニキビまで来ると治療が必要になります。
男性で悩んでる方も多いですが、女性にとって肌はとても大切なものです、体重の事で気にしてるのであればダイエットすればいいのですが、肌の事となるとそう簡単にはいきません。
早めの段階で治療するのが最善の策になります。